お問い合わせは ⇒ shiroimura.cortes☆gmail.com 迄、ご連絡くださいませ。
           (お手数ですが、☆を@に変更下さいませ)


コルテス村の地図 ⇒ こちら

【村の行事】
『セマナ・サンタ宗教行列』3月25日(日)12時、28日(水)19時、29日(木)22時、30日(金)11時、19時、24時、31日(土)24時
 
【スペイン祝日】
 
3月30日(金)、5月1日(火)、8月15日(水)、10月12日(金)、11月1日(木)、12月6日(木)、12月8日(土)、12月25日(火)

【アンダルシア祝日】 

2018/03/01

3月1日(木)セビリアに向けて(南ポルトガル小旅行1)

本日から楽しみにしていた『南ポルトガル小旅行』に出かけます。

村のカーニバルまでは良いお天気が続いていたんですが、その後、崩れに崩れました。


いつもだったら車でロンダまで行き、車を路駐して、セビリア行きのバスに乗りますが、今回は豪雨が続いたので、ロンダまでの山道越えはちょっと気が乗りません。 また車を止めてから荷物を持ち傘を持ち、強風の中、雨をよけながらバスステーションまで歩くなんてことは無謀だと思い、ちょっと時間はかかりますが列車の旅にすることにしました。

コルテス駅で列車を待っています。

悪天候の影響か、列車はコルテス駅に遅れて到着。すぐ出発するかと思いきや、マドリッド発アルへシラス行き列車が通り過ぎるのを待たないといけません。それも随分遅れています。

ボバディージャ駅で乗り換えないと行けなんですが、コルテスを出発したのが既に20分近く遅れています。車掌さんに間に合うかどうか尋ねたら、「大丈夫じゃないの」っていう頼りない返事が返って来ました。
 
車窓から

川の水位が随分上がっています。



列車の遅れにやきもきしながらも、雨であまり見えない景色や、乗客を観察しながら時間を費やします。列車は各駅停車のローカル線ですが、日本の通勤電車の様なものではなく、ゆったりした二人掛けの座席が並び、座席にコンセントがついていたり、自転車置き場、荷物置き場、自販機があったりする列車で、旅行気分を盛り上げてくれます。

切符には一応座席番号が振り当てられていますが、それを守る人もいず、好きなところに座っています。私の席も既に誰かが座っていたので、他の席に座りました。

そうこうしている間にボバディージャ駅に到着です。

到着前に車掌さんが近くに来たので、セビリア行のプラットフォーム番号を訪ねることにしました。

すると、

「駅で調べて」

と教えてくれません。

スペイン鉄道はあんまり親切じゃないですね。

二日前に、スペイン大使館からメールで、「鉄道会社が3月2日にストライキを予定している」という連絡を受けました。なので、もしかしたら働いている人がやる気がないのかもしれませんね。

ボバディージャ駅に入ると、線路を挟んだ向こう側のプラットフォームに列車がとまっています。

あれは一体どこ行きか。。。

駅に降り立つと「し~ん」としています。

そして私達が乗って来た列車から降りた乗客を待つでもなく、向こう側の列車は無情にも発車してしまいました。

駅員さんはプラットフォームにはいません。駅構内に入ると窓口があるんですが、その係員も席を立とうとしています。乗客は右往左往です。

電光表示板には何も映し出されていません。貼ってある時刻表を見つけたので、それでプラットフォームの番号を確かめます。

どうやら無情にも出発した列車はマラガ行きだったようです。

アメリカ人の若い女性パックパッカーがマラガ行き列車に乗れなかったようで、「大丈夫?」って声をかけたら、

「なんとかなると思う」

と言っていました。

マラガ行きの列車はいつ来るのかな~。。。

セビリア行きはラッキーにも遅れていたので、私は無事列車に乗ることができました。

乗り遅れても次の列車がすぐ来るんじゃないの、って思われるかもしれませんが、こういったローカル線は日に数本しかないんです。

私がもし乗り遅れたら、次の列車は2時間半後です。ボバディージャ駅は乗換駅なんですが、周りにはな~んにもありません。なので読書かネットで時間をつぶすくらいしかすることないですね。しかも駅構内に暖房は入っていないので寒いです。(^^)

コルテス駅からボバディージャ駅までは約1時間半、そしてボバディージャ駅からセビリア駅までが1時間45分です。ずいぶん遠いように思われるかもしれませんが、車だったらコルテスからセビリアまでは2時間15分~30分くらいで、列車より早く着きます。

運転して行ったこともありますが、セビリア市内の車量の多いところを走るのはあまり自信がないんです。なので、一人だったら、時間がかかってもバスか列車で行きます。

途中の駅に止まってました。

セビリアに近づくにつれ雨が上がり、青空が少しづつ見えてきました。


オリーブ畑

セビリアに近づいた辺りから一人の男の子が車両の中央に立っているのが見えました。目を凝らして見ると、随分と大きくなったフラメンコ歌手のアドリアン君ではないですか。

駅に到着する直前に、お父さんが荷物をドア近くの荷台にとりに来たので、「アドリアン君ですか」と声を掛けると、そうだという返事が来たので、「大きくなりましね、Youtube で見ました」という会話を少しだけしました。

アドリアン君はこちらです。現在13歳のようです。


そしてセビリア駅に到着です。


目的地は友人のローラ宅のトゥリアナ地区です。セビリアに着いたことを連絡すると、自宅近くのバルで待っているとのことだったので、雨も止んだから巡回バスで行くことにしました。

所々写真でバスの現在地を報告します。

バスの車窓から

橋を渡るとトゥリアナ地区に入ります。

バスの車窓から

見たことあるスーパーとか銀行を通り過ぎたところで、なんとまた橋がでて来ました。そしてその橋を渡ったんです。どうやら下車するところを見逃したようです。というか、実はどこで降りるか知らなかったんです。てっきりローラが待っているバルの前を通るバスだと勘違いしていました。

そしてどこで降りるべきか考えていると、ロンダからバスに乗ると到着するセビリアのプラド・バスターミナルが見えてきました。 セビリアではここが一番私の知ってい場所なので、バスターミナルの大通りを挟んだところのバス停でバスが止まったので慌てて降りました。

ここ数日の暴風雨で歩道には沢山の落ち葉があり、そしてとっても湿っているということもあって、キャリーバックの車輪に落ち葉が絡みつき、小さいバックですが、とても引きにくく、大通りを渡るのに少々苦労しました。

ここに来ればタクシーがいるので、それに乗ることにしました。ローラに電話し、運転手さんにバルの場所を伝えてもらったので、後部座席に座ってリラックスして目的地まで行けます。

そして無事ローラの待つバルに到着しました。

ローラとエレナ

これでビールが飲めます。(^^)v

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

クリックしていただけると嬉しいです(^^)/


******************************************
『スペイン語入門』
第1回 男性名詞 女性名詞
http://youtu.be/srp5fcflX0E

第2回 主語の省略
http://youtu.be/7gU76JUcMbI

第3回 動詞の活用
http://youtu.be/isUBdwPfNbo

第4回 発音について
http://youtu.be/XILdMQf67uE

規則動詞、不規則動詞
http://youtu.be/lwaTc2Xv1g8

******************************************
Youtube ⇒『脱カタカナ英語』チャンネル
http://www.youtube.com/user/datsukatakanaeigo
******************************************


0 件のコメント:

コメントを投稿